育毛をしてくれるクリニックを調べてみました

MENU

クリニックで育毛促進

髪が薄くなってきた、以前より抜け毛が多くなったと感じたら出来るだけ早く対応していきましょう。季節的なものなので、一時的に抜け毛が増えることもありますが、男性型脱毛症の場合はそのまま少しずつ進行してしまうことが多いものです。

 

普段のケアでは育毛剤や育毛シャンプー、サプリメント、マッサージなどがよく行われていますが、生活習慣や食事の改善も考えていきましょう。よりしっかりと対応していくのであれば、AGAクリニックなどの医療機関の育毛法も選んでみると良いでしょう。クリニックでは実に様々な治療が提供されています。

 

まず、特に利用しやすい治療としては薬を利用した治療があげられます。この場合は飲むタイプの薬、頭皮に直接塗るタイプの薬がありますが、どちらも併用して利用することも多くなっています。薬は良い改善が期待できますが、効果が出るのにはそれなりに時間が必要ですので、すぐに効果が出ないからと短期にやめてしまわず、根気よく続けていきましょう。

 

そして薬だけでは良い改善が得られない場合も様々な治療があります。最近はHARG療法や育毛メソセラピーといった治療も提供するクリニックが増えており高い育毛効果が得られるとことで話題となっています。髪の成長に役立つ薬剤を直接頭皮に注入する方法で男性の薄毛にはもちろん、女性にも高い効果を得られる治療です。

 

そして、かなり薄くなった場合も植毛という方法で改善することができます。以前は植毛というと人工毛を利用していたことが多かったですが、最近は自毛で行うクリニックが増えています。自毛の場合は拒絶反応も少なくなっていますし、一度定着した髪はその後もずっと伸び続けてくれます。

 

薄毛の進行具合、症状は人それぞれ違いますので、まずは診察を受け、最適な治療を提案してもらいましょう。クリニックによって得意としている治療は違いますので、治療を依頼する前には医療機関の情報は良く調べておきましょう。

 

 

最初はAGAが良いでしょう

 

 

頭髪は血液により運ばれてきた栄養を毛乳頭が吸収する事により、毛母細胞が分裂して新しく作りだされます。しかし頭髪は生命に直接関係があるわけではないので、運び込まれる栄養素は他のために使用した残りの部分となります。ダイエット等で栄養が十分に補給出来ていない場合は頭髪には顕著に影響が及んでしまい、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

 

育毛は抜け毛の予防や薄毛の改善のための行動の事ですが、クリニックでは行われてはいませんでした。頭髪自体が生命と関係がないというのが理由で、急性の症状以外は薄毛に対しての治療もされていない状況でした。薄毛の改善のために使用する育毛剤も多くは化粧品として分類されていました。しかし、現在ではクリニックでも育毛を行うようになっています。

 

クリニックでの育毛は、AGAという症状に対してが中心です。AGAとは男性特有の症状であり、生え際から頭頂部にかけての部分に集中するというのが特徴です。この部分の毛根に存在している還元酵素により、男性ホルモンが変換されて作りだされる物質が原因の症状です。

 

AGAの原因物質は、皮脂の分泌量を促進するという働きを行います。生え際から頭頂部の毛根は皮脂に塞がれてしまうようになり、頭髪が成長する事が出来なくなってしまいます。原因物質が生産されている間は皮脂の分泌は継続的に促進されるので、最終的には毛根は機能しなくなります。毛根が機能しないという事は、頭髪が作りだされなくなるという事です。

 

クリニックでのAGA治療は、生え際から頭頂部の毛根に存在している還元酵素の働きを阻害するという内服薬が使用されます。原因物質の生産を防止するという事が目的であり、頭髪に対して直接働きかけるというわけではありません。しかし皮脂の分泌が正常な状態に回復する事により、頭髪は通常の成長を行えるようになるので薄毛の進行が防止されます。

 

この内服薬は世界60カ国以上で使用されており、高い効果がある事が医学的に確認されています。